30歳記念、30km走

ついに30歳

2021年7月26日、30歳になった。

ちょうど10年前、20歳になった時には、日付が変わると同時にコンビニにアルコールを買いに行ったことを覚えているが、その瞬間からつい昨日まで、ずっと20代という括りの中だったと振り返ると、本当にいろいろなことがあったと思う。

当時はまだ学生で、大学の陸上部に所属して、5000mを専門種目として練習打ち込んでいた。まさか10年後もまだ走っているとも、フルマラソンを走るようになっていることも、サブスリーやサブ2:50を達成できることも、結婚して子供に恵まれていることも、当時の自分にとっては考えられないことだったと思う。

そう考えると、30歳もきっといろいろなことがあるのだろうし、10年後、30代を終えるときには、きっと想像もつかないような環境になっているのかもしれない。元気に楽しく走り続けて、充実した30代にしていきたいと思う。

マラソン大会では、年代別で競技部門が分かれているレースも多い。これまでは当然のように20代の部であったが、次のレースからは30代の部での出場となる。まだまだ実感が無く不思議な感覚だが、30代の部は競技人口も多く、激戦区。その中でもしっかり良い結果を出せるよう、頑張りたい。

30代の目標

20代が終わり、30代に入ったという大きな節目。そして30代を通して、何か思い出に残ることに挑戦したいと思い、目標を立てた。

『誕生日に年齢×1kmを走る』こと。

継続できるよう、健康でいたいと思う。

7/26(月) 練習日誌

30代の目標として設定した『誕生日に年齢×1kmを走る』の、記念すべき初回。30歳記念の30km走を行った。

メニュー30km jog
設定楽しく完走!!
結果2:52’43″(5’45″/km)
シューズasics ゲルニンバス23

記念ランなので、目標ペースは一切無し。暑さの厳しい昼下がり、体調に気を付けながら、しっかり走りきることを意識した。

香川県を流れる唯一の一級河川、土器川の河川敷を15km遡上し、折り返して戻ってくるコースで実施。のどかな田舎風景を楽しみながら走った。

天気は晴れで、気温は30℃オーバー。流石に暑く、こまめに水分補給をしていたとはいえ、中盤以降は消耗しながらの走りとなった。何度か心が折れそうになるも、無事完走。

来年以降は早朝に走ったり、もう少し日陰の多いコースを選ぶなど、毎年増えていく走行距離をクリアできるよう、工夫していきたいと思った。

ギャラリー

途中途中で、写真を撮影しながら走った。コースの魅力を伝える一助になればと、一部を紹介する。

スタート地点の、土器川河川敷緑地。草野球やサッカーを楽しめる、広い芝生グラウンドがある。
約5km地点。しばらくは、このような河川敷歩道が続く。のどかで気持ちが良いが、日差しを遮るものはほとんど無い。
約6.5km地点。やや木の茂ったところ。木陰で立ち止まって、少しだけ休憩した。
汗が止まらないので、しっかり水分補給。シューズはゲルニンバス23。高いクッション性で、長距離ランでも脚をしっかり護ってくれる。
11km地点。丸亀市を抜けて、まんのう町に入った。川の水音が涼しい。
ついに折り返し、15km地点到着!ここからは来た道を折り返して、完走を目指す。時間帯的に、暑さもピークに。
15kmの折り返し地点には、ちょうど何かの記念碑が。このようなふとした気付きも、エンジョイランの醍醐味。
来た道をひたすら戻り、いよいよ残り5km。正面に見えるのは、飯野山。その形から讃岐富士とも呼ばれている。
ついにスタート地点に到着。30km完走!!厳しい暑さの中、無事に走りきれたことに感謝♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です