asics GEL-NIMBUS 23 (ゲルニンバス 23) レビュー

asics最高クラスのクッション性を備えたシューズ、GEL-NIMBUSシリーズの23代目、GEL-NIMBUS 23 (ゲルニンバス 23)をレビューする。

asics公式ページで紹介されている特徴は、以下。

  • ソフトな履き心地と快適性を追求した、脚への衝撃を和らげるクッションモデル。
  • オーバープロネーションへの補正は無く、ニュートラルに着地するランナー向け。

asicsのクッション性重視モデルでは、衝撃吸収用のGEL(ゲル)が搭載されたシューズが多数ラインナップされているが、それらの中でも今回紹介するゲルニンバスシリーズは、GELを最も多く搭載している。脚に優しいシューズなので、ランニング初心者はもちろん、中級車以上のジョギングやリカバリーランにも適しており、全てのランナーにお勧めできる。

自分は主に、日頃のジョギングやポイント練習前後のウォーミングアップ/クールダウンで使用している。最近のシューズローテーションの中では、最も使用する機会の多いシューズかもしれない。

外観レビュー

今回はコットンキャンディ/ホワイトのカラーを選択。asics直営店限定カラーで、明るいカラーリングが爽やか。

「ピンクは少し派手すぎるかも?」と思ったが、ジョギングの気分を上げるために思い切って購入してみた。実際に履いてみると、上品な色合いで、年代問わず使用できる色合いだと感じる。

両サイドから見たところ。衝撃を吸収するため、ソールは厚めとなっている。また、踵部分の補強の雲のような意匠や、ソールやアッパーのグラデーションなど、機能性でなく見た目もおしゃれに仕上がっている。

踵部分のソールには、衝撃を吸収するためのGELが幅広く配置されている。

サイドには、asicsシューズの鉄板デザイン、asicsストライプが配置されている。ただのデザインでなく、補強材としてシューズ内での足のブレを抑える役割がある、とのこと。

アッパーは、通気性に優れたメッシュ素材。

アウトソールには、耐摩耗性の高い素材、AHAR+が配置されている。細かく屈曲溝が設けられており、着地から蹴り出しまで、動作にシューズがスムーズに追従してくれる。

土踏まずの内側には、足裏全体のねじれを予防するための、硬質のプラスチック補強が搭載されている。

重量は、メンズ25.5cmで片足およそ298グラムであった。

走行感レビュー

日々のジョギングで、およそ300km走ったうえでの印象を紹介する。

非常にクッション性は高く、長い距離を走ったとしても、脚へのダメージは少なく感じる。しかし、近年のシューズで多い『フワフワ』とした系統のクッション性ではなく、しっかりした着地感がある。

これは歴代のゲルニンバスシリーズに共通している走行感であり、近年のシューズに多い、新素材を活かした特異感は全く無い。

(誤解を恐れずに言えば)走り心地に斬新さや面白さは無いが、だからこそ常に一足は所持しておきたい、信頼できる一足。23代もモデルが継続していることからも、高い性能は折り紙付き。

ランニングシューズとしては重量のある部類なので、スピードを出すには向かないが、ランニングを怪我無く楽しく継続したい、と考えるランナーは是非ともGEL-NIMBUS 23を試してみてほしい。

購入はこちら

今回紹介したGEL-NIMBUS23は、全国のスポーツショップやasics公式サイト、またはamazonで購入できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です