【15km P.R.】自分に負けず……【2021.11.7】

今日はポイント練習を入れる予定の日だったが、午前中は子供と公園に出掛け、午後も妻の予定があったので自宅で子守りをしており、自分の時間を作れるのが夜の20時過ぎとなってしまった。

今日はオフ日にしてしまいたい……と何度も頭の中をよぎったが、そんなことでは大会で結果を出せない!!と思い直し、遅い時間帯ではあったがポイント練習を行うことにした。

今日のメニュー

15kmのペース走を行った。

設定は4’25″/km。緩めのペースとはいえ、21時前にスタートするにしては、なかなかヘビーなメニューだ。

結果は以下の通り。

メニュー15km P.R.
設定4’25″/km
結果1:05’13″(4’21″/km)
シューズasics メタレーサー

ナイター設備

丸亀市総合運動公園内にある、1.6kmのロード周回コースを走った。

丸亀ハーフマラソンのゴール地点であるPikaraスタジアム陸上競技場や、丸亀市民球場の横を通過するコースで、適度にアップダウンがありトレーニングでよく使用している。

到着してアップしていると、球場のナイター設備が点灯しており、コースがとても明るかった。

これは走りやすそうだと期待したが、アップが終わる直前に消灯してしまい、結局暗い中での練習になってしまった。

全日本大学駅伝

今日は全日本大学駅伝が開催されていた。

朝8時5分からのスタートで、午前中は家族と外出していたのでリアルタイムで見ることはできなかったが、録画しておき午後に子守りをしながら観戦した。

長年応援している東洋大学は10位となり、残念ながらシード権を落としてしまった。

元旦に行われる箱根駅伝ではリベンジできるよう、テレビの前から応援したいと思う。

また、選手が着用しているシューズを見ていると、ナイキを着用している選手が圧倒的に多いが、アシックスやアディダスの選手もちらほらと見られた。

特にアシックスは2021年始の箱根駅伝では着用者がゼロとなってしまったことが話題となったが、その後にリリースされたメタスピードシリーズは性能も良く、今後も着用者が少しずつ増えるのではないかと思う。

自分もアシックスのシューズをメインで使用しているので、2022年始の箱根駅伝でのアシックス着用率に期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です