【ARP Day 13】10km jog【2021.12.11】

まさかの体調不良、からの復帰

ASICS Running Program 2週目は、思わぬ形で予定が狂ってしまった。水曜日から喉に激しい痛みを感じ、3日間は完全にトレーニングを休んだ。

受診したところ、疲労からくる咽頭炎とのこと。最近仕事で遅くなる日が多く、睡眠が十分に取れない日もあったので、無理をしすぎたのだろうか。改めて体調管理の重要性を痛感した。

とりあえず症状は落ち着いてきたので、今日は復帰ラン。

メニュー10km jog
設定5’30″/km
結果51’22″(5’08″/km)
シューズNIKE インヴィンシブルラン

体調の悪化を感じたらすぐに切り上げる予定だったが、無事に10km走りきることができた。

明日はバーチャルレースだが……

明日はWeek 2のチェックポイント、8kmのバーチャルレースを走る日だが、どのようなプランでいくのか検討中。

まだ体調が全快ではないので、そこそこのペースで突っ込んで粘りきる、実際のレースのような走り方はできない。

ペース走として走るのか、スピード練習のつもりで最初だけでもハイペースで入り、残りの距離はジョグで流すのか……

せっかく臨むからには、何かは得られるポイント練習としたい。

意外な気づき:加湿マスクは良い!!

数日間、唾も呑み込めないほどの喉の激痛だったので、少しでも呼吸を楽にしたいと、ドラッグストアで加湿マスク『のどぬ~る ぬれマスク』を購入して着用していた。これはとても快適だった。

水分を含んだフィルターをマスク中にセットすることで、喉の乾燥を予防することができる。

勝負レース直前の風邪など体調不良は致命傷になりかねないので、入念な体調管理が大切。喉の乾燥は風邪に繋がる大きな要因なので、レース前などは少しでもリスクを下げるために、就寝時に毎日使用したいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です