asics LIMO 裏トリコットウィンドブレーカー レビュー

防寒ランニングウェアを新調!!

12月に入り、現在住んでいる香川県でも、寒波により低気温&強風の日が増えている。

自分は平日はランニングの時間帯が仕事後、夜9~11時となることが多く、極寒はランニングに出発する前、温かい室内から出る際の精神的なハードルにもなってしまう。

これまで、寒い日のジョギングは、以下のような服装で走っていた。

  • ジャージの上に、薄手のウィンドブレーカーを重ねる
  • ヒートテックに化繊のランニングシャツを重ねて、その上にジャージを羽織る

しかし、前者のアウター複数重ね着はゴワゴワして動きづらくなってしまうし、後者のヒートテックは、ラン後半、汗をかいてくると肌に貼り付く感触があり、快適ではなくなってしまう。

そこで、寒い時期はまだまだ続くので、トレーニングのクオリティを上げるために、またランを快適に楽しめるように、防寒のランニングウェアを新調することにした。

気に入っているブランドであるasicsから、発熱素材を搭載したウィンドブレーカーが展開されており、デザインも気に入ったので購入してみた。

外観&機能性 レビュー

今回は、パフォーマンスブラック/フラッシュコーラルのカラーを選択した。

ブラックに、明るいオレンジのアクセント。スッキリしてカッコよく、デザインはとても気に入っている。

ジャケットの背中部分、パンツの腰回りには、内側にオレンジの吸湿発熱素材が配置されている。

冷えを感じやすいこれらの場所を局所的に温めることで、体感温度を2℃以上アップさせる効果があるそうだ。

実際に走ってみた感想

デビューランは、風もなく、真冬にしては比較的暖かい日の午前中。

ポイント練習前後のウォーミングアップ & クールダウン中に着用した。

半袖Tシャツ一枚に、今回紹介したLIMOウィンドブレーカーの上下という、冬にしては軽装で走ったが、寒さは一切感じず、このウェアの機能性を実感できた。

むしろ発熱性が高すぎて暑さを感じるほどで、終盤はジャケットのジッパーを開いて走ってちょうど良いくらいだった。

さらに、翌日は寒波で強風、激寒のコンディションだった。

ウェアの機能性および防寒性をチェックするには絶好の機会と、再度同じ服装(半袖Tシャツ一枚に、今回紹介したLIMOウィンドブレーカーの上下のみ、寒波の日としては、これまで考えられなかった服装)で走ってみた。

流石に前述の、日中に走った際の、暑さを感じるほどの保温性は感じられなかったものの、風の冷たさや寒さはほとんど感じず、快適に走り終えることができた。

二枚しか着ていない(しかも一枚は、化繊の半袖Tシャツ)とは信じられないほどの暖かさだった。

まとめ

asics LIMO 裏トリコットウィンドブレーカーは、極めて防寒性 & 保温性が高いスポーツウェアで、寒いシーズンのランニングや外出に最適。

このウィンドブレーカーを購入してから、極寒の日であっても、ランニングに出掛けるまでの心理的ハードルが低くなり、また暖かく快適なので、ランニングの満足度も向上している。

もっと早くこのような高機能の防寒のランニングウェアの効果を知り、購入しておけばよかったと感じている。

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です