asics GEL-NIMBUS 22 レビュー

asics最高クラスのクッション性を備えたシューズ、GEL-NIMBUS 22(ゲルニンバス 22)のレビューです。
以下の記事の通りマラソンシーズン中に故障してしまい、練習再開にあたり脚への負担を少しでも軽くする目的で購入しました。早速外観や走行感など紹介します。

GEL-NIMBUS 22とは?

asics公式ページより

「雲の上で走っているようなやわらかさ」がキャッチフレーズの、クッション重視のランニングシューズです。ナンバリングが22まで続いている、伝統あるシリーズ。asicsでは衝撃吸収用のGEL(ゲル)が搭載されたシューズが多数ラインナップされていますが、それらの中でもこのニンバスはGELを最も多く搭載し、最大のクッション性を誇ります。
高性能なだけあって、お値段17,600円。ジョグおよびLSD用途としては高額ですが、これで故障が少しでも回復するならと思い購入を決断。

外観レビュー

今回はGLACIER GREY/GRAPHITE GREYカラーを購入。サイズはメンズ25.5cmです。
重量は片足およそ285gです。

落ち着いたカラーリング、高級感のあるデザインがとても気に入りました。
ソールは厚く、踵部分に見えるGELと相まって見るからにクッション性が高そうですね。
ミッドソール全体に流れる雲をイメージした装飾が施されています。

ソールの厚さは簡易計測で、ヒール37mm、中足部28mm、フォア20mmほどでした。
ミッドソールは軽量素材、FlyteFoamで構成されています。

踵を包み込むように衝撃吸収材のGELが配置されています。走った時の着地衝撃をしっかり和らげてくれそう!

アウトソールには深い溝が入っており、蹴り出しに合わせて曲がることでスムーズに体重移動できます。また、中足部の硬質パーツが安定性を高めています。

実際に走ってみて

早速ジョグで使用してみました。
やはりクッション性が高く、脚へのダメージは少ないです。しかし想像していた「フカフカ」とした感覚はあまり感じず、しっかりした着地感です。
また、しっかりした構造ゆえに重量は感じます。

他のシューズと比較するなら…
NIKE ペガサス36→ポヨン、ポヨン…
NIKE ペガサスターボ2→フワッ、フワッ…
asics ゲルニンバス→ポンッ、ポンッ…
といった感じでしょうか(わかりにくくてすみません)。

衝撃を吸収しつつ、気持ちの良い反発が返ってくる感じです。スピードを出すには不向きですが、ジョギングやLSDには良さそうです!

まとめ

asicsの最強クッションシューズ。怪我をしていても走れてしまいます^^;脚へのダメージが少ないので、走り込み時期にも良いと思います。
レースに向けた脚作りのため走行距離を伸ばしたい、あるいは故障気味だが最低限のトレーニングは継続したい、というランナーの方には是非試していただきたいシューズです。

購入はこちら

左がメンズ、右がウィメンズです。

asics GEL-NIMBUS 22 レビュー” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です