【練習日誌】タイムトライアル尽くし

今週(6/21~6/27)は、水曜日と土曜日の2回、ポイント練習を実施。
どちらも参加しているマラソンチームや練習会の、タイムトライアル形式の練習でした。
春シーズン(4~6月)の成果確認として、緊張感をもって臨みました。

6/24(水)

メニュー5000m タイムトライアル
目標17’40”
シューズasics LD JAPAN

競技場のトラックにて。
公式のトラック記録会が全て中止となったため、今年度初の5000m
レース本番のつもりでしっかり調整し、臨みました。

トラックレースなので足元はもちろんスパイク、LD JAPAN。
プランは3’30″/kmで余裕を持って入り、3000mまでキープ。後半も粘り切って17分30秒~40秒を目指す。直近の練習内容をふまえると、十分に目指せるタイムと考えていました。

しかし結果は…
18’13″。。。
撃沈。ラップタイムは、
3’28”-3’32”-3’44”-3’51”-3’40”
……2000mでもう設定オーバーやないかい笑

1000m通過時点で3’30″/kmペースがきつく、2000m時点ではほぼ余裕なし。ここから残り3000mある、と頭に浮かび、心が折れてしまいました。ランナーとして情けない限り。

全く粘ることもできず、ずるずると失速してしまいました。
今回は残念な結果となりましたが、次に5000mを走る際にはリベンジしたいと思います。

6/27(土)

メニュータイムトライアル式レペ 3000m,1500m,500m,300m
目標3000m…10’30″、1500m…5’00″、500m…90″、300m…51″
シューズasics LD JAPAN

トラックにて、3000m、1500m、500m、300mの連続タイムトライアル。
セット間は20分、10分、5分休憩し、完全に呼吸を落ち着ける。
1本1本を全力で走りました。

3000mは水曜日の5000m撃沈を反省し、3’30″/kmペースで走りきることを目指しました。1500m以降は普段レースやタイムトライアルで走ることがない距離なので、余裕を持って入り、後半にかけてペースアップしていく作戦で。

結果は、
[3000m]
10’25″(3’26”-3’30”-3’29”)
[1500m]
5’01”
[500m]
92″
[300m]
53″

1500m以降は少しずつ目標に届きませんでしたが、3000mをしっかり走れたので満足です。

3000mは単独走だったので、淡々と落ち着いて走りました。最初の1000mが設定より早かったので次のラップで抑えて調整し、最後はきつくなりましたがペースを落とさず走り切れました。水曜日の5000mもこの3000m通過が出来ていれば、より良いタイムを目指せたのでは、と思います。まずは、水曜日の撃沈から調子を立て直せたことをほっとしています。

トラックレース再開!!

大変嬉しいことに、私が住んでいる香川県内では、7月よりいくつかのトラックレースが開催されます!
早速5000m記録会にエントリーしました。
7月からは走り込みの夏シーズンですが、これらの記録会をモチベーションに、スピード強化のメニューにも取り組んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です