GarminウォッチでSpotifyを楽しむ方法

今回は、Music機能のあるGarminのランニングウォッチで、音楽のサブスクリプション(定額聴き放題)を楽しむための設定方法を紹介します。

ランニングは楽しいことですが、長時間のジョギングやマラソンに向けたLSD(長く、ゆっくり走るトレーニング)では、マンネリを感じてしまうこともあると思います。

そのような時に音楽は心強い味方!日々のトレーニングがより楽しくなるはずです。

愛用のウォッチとイヤホン。GarminのForeAthlete 245 Musicと、Beats by Dr. DreのPowerbeats。

ランニング時に音楽を聴くデバイスは、Garminウォッチ以外にも、携帯音楽プレイヤー(iPodやWalkman)、スマホ等、いろいろあります。私の経験上、それらに比べてGarminウォッチが優れていると感じた点は以下です。

  • Garminウォッチはネットワークデバイスなので、サブスクリプション(定額聴き放題)を利用できる
  • ウォッチを手首に装着できるので、プレイヤー本体やスマホをポケットに入れる必要が無く、かさばらない
  • スポーツ用のBluetoothイヤホンを用いることで、イヤホンケーブルから解放される
  • Garminウォッチは完全防水なので、汗や雨への心配も不要

特に、サブスクリプション(定額聴き放題)は大きなポイント!
日々の気分に合わせて、新曲をいくらでも楽しめるため、もうランニング中のマンネリとは無縁です。
私はジョギングやLSD中にサブスクリプションサービスの1つであるSpotifyを利用するようになってから、トレーニングがより楽しく、充実した時間になりました。

今回はGarminの“ForeAthlete 245 Music”と音楽配信サービス“Spotify”の組み合わせで設定方法を紹介しますが、Garminの他の音楽対応モデルと、他の音楽サービスの組み合わせでも設定方法はほぼ同じかと思います。

準備するもの

必要になるのは以下の5点。

  • 音楽再生に対応したGarminランニングウォッチ(モデル名に”Music”を含むもの)
  • Spotify Premium(有料プラン)契約のアカウント
  • Bluetoothイヤホン
  • スマートフォン(Garmin Connectアプリをインストール)
  • Wi-Fi環境

Garminウォッチは、モデル名に”Music”を含む、音楽再生に対応したモデルが必要です。
様々なモデルがラインナップされていますが、最も安価でベーシックなモデル、“ForeAthlete 245 Music”でも一般的なマラソン用途であれば十分な機能です。

Spotifyは有料プランの契約が必要ですが、最初の1か月は無料で試用可能。1か月以内に解約すれば料金もかからないため、上記の必要環境がそろっている方であれば、試さないともったいないです笑

設定方法

以下の手順に沿って設定することで、Spotifyの楽曲をGarminデバイスで再生できるようになります。
①~➂は日頃からGarminウォッチでトレーニングを記録している方は設定済みかと思いますので、読み飛ばしていただいて大丈夫です。

①スマートフォンにGarmin Connectアプリをインストール

スマートフォンのアプリストアで「Garmin Connect」と検索し、アプリをダウンロードします。

➁スマートフォンとGarminウォッチをペアリング

アプリ左上のメニューより、”Garminデバイス”→”デバイス追加”、と進みます。
スマートフォン画面の指示に従ってGarminウォッチを操作することで、ペアリング設定されます。

➂GarminウォッチをWi-Fiに接続

Garmin Connectアプリより、ウォッチをWi-Fiに接続する設定をします。
上記ペアリングが成功すれば、アプリ上部にペアリングしたデバイスのイメージが表示されます。
そのアイコンをタップし、”一般”→”Wi-Fiネットワーク”→”ネットワークの追加”、と進みます。
画面の指示通りにWi-Fiのアクセス情報を入力します。

④GarminウォッチにSpotifyアプリをインストール

いよいよウォッチにSpotifyアプリをインストールします。
➂同様にアプリ上部のデバイスボタンをタップし、”ミュージック”をタップします。

使用可能な音楽サービス一覧が表示されます。
今回は”Spotify”をタップし、”インストール”と進みます。
別のサービスを利用する場合は、同様にサービスを選択し、”インストール”をタップします。

使用したいサービスが「インストール済み」になればOKです。

➄Spotifyアカウントを認証

続いて、ウォッチとスマートフォンを交互に操作し、Spotifyアカウントを認証します。

まず、ウォッチのホーム画面でUPキーを長押しし、以下のようなメニューを表示します。

UPキー/DOWNキーでスクロールし、”音楽”を表示させてSTARTキーを押します。

続いて、同様に”音楽プロバイダ”を選択、Spotifyを選択します。

するとウォッチ画面が以下のようになりますので、スマートフォン側でGarmin Connectアプリを起動します。

Connectアプリ上で、Spotifyへのログイン画面が自動表示されるので、Spotifyアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。
ログインできればアプリの表示が以下のようになりますので、再びウォッチに戻ります。

すると、ウォッチ画面に以下が表示され、Spotifyが使用可能となりました!
以降はDOWNキー長押しでSpotifyアプリが起動するようになります。

最初は端末上に再生する楽曲が無いので、ライブラリは空の状態です。
SpotifyサーバーからWi-Fiネットワーク経由で、音楽データをダウンロードします。

“音楽とポッドキャストの追加”を選び、STARTキーを押します。

Spotify上で作成したプレイリストや、直近でSpotify上で再生したアルバム、おすすめの楽曲など、様々なカテゴリーからデータをダウンロードすることができます。

今回はSpotifyアプリで事前作成した、ランニング中に聴きたい曲を集めたプレイリストをダウンロードしてみます。

事前にSpotifyアプリで、お気に入り曲を集めたプレイリストを作成した。

“プレイリスト”を選択してSTARTキーを押すと、Wi-Fi経由で自分のSpotifyアカウントを参照し、ダウンロード候補が表示されます。

上記の、事前作成したプレイリストが表示されました。
STARTキーを押すと、ダウンロードが始まります。

ダウンロード完了後、プレイリストがライブラリに追加されました。
ウォッチとペアリングしたBluetoothイヤホンから、楽曲を再生できるようになりました!

まとめ

GarminランニングウォッチのMusicモデルで音楽を聴く最大のメリットは、Spotifyをはじめとした音楽サブスクリプションサービスに対応していること。初期設定がやや面倒ですが、一度設定するとDOWNキー長押しだけでスムーズに音楽再生を始めることができます♪

対応モデルをお持ちの方は、是非この機能を活用してみてください。きっと日々のランニングがより楽しくなると思います。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

購入はこちら

Garminの音楽再生対応モデルは様々なラインナップがありますが、一般的なマラソントレーニング用途であれば、“ForeAthlete 245 Music”がおすすめです。今なら期間限定のJapan Limited Editionもあります!(以下左側、かっこよすぎる!!私も超欲しい……)

ウォッチとペアリングして使用するBluetoothイヤホンは、スポーツモデルがおすすめ。
私はBeats by Dr. Dre“Powerbeats”を愛用しています。
耳に掛けるタイプなので、ランニング中に外れる心配が一切なく、安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

【練習日誌】夏休み