アルファフライで42.2km完走!!

12/6(日)に、フルマラソンの距離、42.2kmのペース走を実施しました。

シューズはNIKE『アルファフライ NEXT%』を選択。

以前の投稿で、『推進力は高いが、反発力に耐えられる脚力とフォームを維持する体幹が必要で、履きこなすのが難しい』と、使用した印象を紹介しました。主に10~15kmのペース走で使用していましたが、フルマラソンの距離を走るとどうなるのか?そもそも走り切れるのか??は、ずっと気になっていました。

しかしいきなり大会本番で試すわけにもいかず、また今シーズンは情勢によりフルマラソン大会がほとんど無い。
というわけで、近所の周回コースで、気楽に挑戦してみました。

12/6(日)

メニュー42.2km ペース走
設定4’15″/km
結果2:58’32″(4’14″km)
ラップスタート~10km:42’33″(4’15″/km)
10km~20km:42’33″(4’15″/km)
20km~30km:42’10″(4’13″/km)
30km~40km:41’53″(4’11″/km)
40km~ゴール:9’23″(4’16″/km)
シューズNIKE アルファフライ ネクスト%

結果は2時間58分32秒。サブスリー達成!!

スタート直後は高い推進力により、ペースに対して余裕がありました。体感よりも、1kmあたり5秒程度、走行ペースが速く感じます。この感覚は、NIKEのカーボンプレート入りシューズの特徴です。
しかし15kmあたりから、両腿の裏側に筋肉疲労による張りを感じるように。やはり高い反発力に耐えられる脚がまだ出来ていないと痛感……

25kmにして、両腿裏側の疲労が、攣りそうなレベルに溜まってきました。まだまだ残り距離は長いのに……と、このあたりはメンタル的にきつかったですね^^;脚に力を入れずに軽く回すことを意識しつつ、無心で走りました。

30kmを超えると、残り距離が徐々に少なくなるため気持ち的にも少しずつ楽になってきました。腿裏は相変わらずいつ攣るかわからない状態でしたが、失速することなく、ペースを維持できました。

まとめ

今回アルファフライで42.2kmを走ってみて、『使いづらい』と感じていたアルファフライへの印象が大きく変わりました。高い反発力により脚への負荷はかかるものの、厚いソールゆえにアスファルトからの着地衝撃は感じません。このことが終盤のペース維持に繋がったと思います。

わずか15kmで疲労を感じ始めたことからも、まだまだアルファフライを履きこなせている、とは言えません。しかし、フルマラソンの距離を無事に走りきれたこと、そしてサブスリーを達成できたことは評価点です。

次のマラソンレースで使用するシューズの、有力候補になりました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【練習日誌】11/29~12/5

次の記事

【練習日誌】12/20~12/26