asics NOVABLAST(ノヴァブラスト) レビュー

asicsから『いつもの道をはずませよう』のキャッチコピーで発売されたランニングシューズ、NOVABLAST(ノヴァブラスト)をレビューします。

asics公式ページより。

asics公式ページで紹介されているアピールポイントは以下。

  • asics歴代最高の反発性を誇る新素材FLYTEFOAM Blastをソール全面に採用
  • 厚みのある独特のソール形状により、トランポリンのように弾む走り心地
  • 繊維が従来の約半分の細さにも関らず、同等の強度を保持したモノフィラメントメッシュを採用

asicsの新技術が満載された、反発性重視モデル『BLASTシリーズ』のフラッグシップモデルです。シリーズモデルとして、今回紹介するNOVABLASTの技術を部分的に引き継いだDYNABLAST、ROADBLAST、VERSABLASTがラインナップされています。

今回はシューズの外観に加えて、実際に様々なペースで100km程度走行したうえで感じた印象や、適した走行ペース等を紹介します。

外観レビュー

Grey Floss/Blackのカラーを購入。落ち着いたライトブルーが爽やかです。
サイズはメンズ25.5cmを選びました。

ミッドソールはかなりのボリューム感があります。
全面が高反発の新素材「FLYTEFORM Blast」で構成されており、踵部分に同素材のロゴが配置されています。

つま先が円弧状にせり上がっていますが極端なものではなく、走ってみても、同社のライドシリーズ(メタライド、グライドライド、エボライド)のような、体重移動をガイドする転がる感覚はありませんでした。

アッパーは「モノフィラメントメッシュ」で構成されています。
繊維が従来の約半分の細さにも関らず、同等の強度を維持しているとのこと。非常に柔らかく、足を入れた際にストレスになる箇所はありませんでした。また、つま先の大きくせん断された部分などはソックスが透けて見えるほどの薄さであり、通気性にも優れています。

アウトソールの形状も特徴的です。
中央部(ゴムの補強の無い、白い部分)を凹ませることにより、接地時に沈み込んで跳ね返ることで、反発性を高めているようです。

特に踵部分は角張ったデザインと厚みのあるミッドソールにより、ランニングシューズとしては斬新な印象を受けます。
衝撃吸収性は高そうです。

重量はメンズ25.5cmで、片足およそ248gでした。

サイズ感は?

今回はメンズ25.5cmを選びましたが、サイズ感は他のasicsのランニングシューズと同等だと感じました。
私はEVORIDE、ゲルニンバス22、ターサーエッジ2などを25.5cmで履いていますが、今回のNOVABLASTも同サイズで違和感はありません。

走行感は?

1km4’20″から6’00″まで、様々なペースで合計100km程度走ってみました。

ランは主にロードにて。

走り心地を一言で表現すると、『クッション性と反発性のバランスが良く、軽やかに脚が回るシューズ』だと思います。
堅実な印象のasics、新技術を特徴的な味付けで売り出すのではなく、万人受けするシューズに落とし込んできた、という印象です。

トランポリンのような弾む感覚、と聞くと、下の画像のように飛び跳ねるイメージが浮かぶかもしれませんが、流石にそれはない^^;

しかし、着地時は確かにフワッと脚に優しく、そして地面からの脚離れの良さ、という形で新素材FLYTEFORM Blastの反発性を感じました。asicsの定番シューズであるゲルカヤノやゲルニンバスに比べると、明らかに足が軽く回ります。

足裏全体で地面に着地する、フラット接地で走ると、クッション性と前方への推進力をバランスよく感じられました

ただし、踵から着地する、ヒールストライクのランナーはやや注意が必要かもしれません。
踵部分のソールは厚く、またFLYTEFORM Blastは柔らかい素材です。ゲルカヤノシリーズやGTシリーズに搭載されているサポート構造もないため、意識的に踵から着地してみると、沈み込みが強すぎるように感じました。

スムーズに体重移動ができれば問題ないかとも思いますが、着地衝撃を効率的に反発させて推進力に変えるためにも、NOVABLASTで走る際にはフラット気味の接地を意識したほうが良いと思います。

1kmあたり5’00″~6’00″のペースでは、反発性よりも足を保護するクッション性を強く感じました。脚が疲労しているときのリカバリーjog、ゆっくり長い距離を走るLSDトレーニングに使えそうです。スムーズに脚が回るので、フルマラソン4時間を目指す際のレース用シューズとしても良いと思います。

1kmあたり4’45″前後のペースが、最も心地よく走れました。足裏全体で着地した時にシューズ全体が軽く沈み込み、心地よく跳ね返ってくる印象です。私は日々のジョギングペースがこのくらいなので、デイリートレーナーとして愛用しています。

1kmあたり4’30″を切るペースだと、少し走りづらさを感じるになりました。脚の回転ピッチも上がるため、地面に蹴り出しの力を伝えるのが少しもたつく感覚です。この点は、柔らかい素材で構成された厚いソール、そしてシューズの重量ゆえに仕方ないかと思います。速いペースのポイント練習や、フルマラソンで3時間台前半を目指す際のレース用シューズとしては、他を選んだほうが良いでしょう。

まとめ

asics NOVABLASTは、歴代最高の反発性を誇る「FLYTEFOAM Blast」をはじめ、asicsの新技術が満載されたフラッグシップモデルです。1kmあたり4’45″~6’00″のペースで走る際に最適。クッション性と反発性のバランスが良く、脚が軽やかに回ります。

日常のジョギングから、フルマラソン4時間前後のレースシューズまで幅広く使えるため、持っておいて損は無い良いシューズだと感じました。私は毎日のジョギングを中心に、デイリートレーナーとして愛用しています。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

購入はこちら

asics公式サイトや、以下リンクからamazonより購入できます。
左がメンズ、右がウィメンズです。

asics NOVABLAST(ノヴァブラスト) レビュー” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です